妊娠線が出来てしまう原因と理由【お尻や太ももにも!】

妊娠線,原因

 

妊娠線は早い人でお腹が目立ち始める5ヵ月辺りから表れる人もいます。いちばん多いのはお腹がグッと大きくなる妊娠後期8か月辺り。赤ちゃんの大きさや妊婦さんの体質にもよりますが約60%〜70%の人に見られるそうです。

 

妊娠線はミミズ腫れのような赤いボコボコの線が主に下っ腹に表れます。妊娠後期だとお腹がかなり大きくなっていて見えにくいため下腹に妊娠線が出来ていても自分で気が付かない場合も。

妊娠線が出来る原因

妊娠線,原因

 

妊娠線が出来てしまう原因は妊娠によってお腹が急激に大きくなることにあります。お腹が急激に大きくなると皮膚の伸びが追い付かず皮膚に亀裂が入ってしまいます。

 

一度肌の奥、「真皮」にまで亀裂が入ってしまうと出産してお腹が小さく戻っても薄くはなりますが完全には消えません。

 

妊娠線,原因

妊娠線はお腹だけじゃない!お尻や太ももにも要注意!

妊娠線,原因

 

妊娠線は通常お腹、特に妊娠後期の下腹に出来やすいのですがお尻や太もも、胸にも妊娠線は出来ます!

お腹以外に出来る妊娠線の箇所

太もも
ふくらはぎ
膝の裏
二の腕
お尻

 

など

私はお腹はガッチリ妊娠線クリームで予防しましたがお尻は全くのノーマークだったのでしっかりと肉割れのような妊娠線が出来てしまいました(´;ω;`)ブワッ

 

体重増加のため皮膚が伸びるのはお腹だけじゃありません。お尻、太もも、バストにも妊娠線クリームは塗った方がいいですよ。

 

お尻の場合、セルライトなの?と見間違えやすいのですが妊娠線・肉割れ⇒赤い線又は白いひび割れ、セルライト⇒線上ではなくボコボコなどの凹凸が特徴です。

 

セルライト対策は適度な運動やマッサージなどの対策が主流ですが妊娠線・肉割れの場合過度のマッサージは伸びて皮下組織が弱くなっている肌を傷つけ妊娠線がよけい悪化する場合も。

 

妊娠線対策でクリームを塗るときは優しく馴染ませるように塗ってあげてください。

 

【ママのお腹に】妊娠線予防クリームランキング

関連ページ

妊娠線はいつから出来るの?
妊娠線っていつできるの?妊娠線が出来やすいタイプってある?など妊娠線に関する素朴な疑問を調べてみました。
妊娠線クリームはいつまで使うの?何本必要?
妊娠線クリームはだんだんとお腹が膨らみ始める約妊娠4か月辺りから使うのが理想的に。じゃあいつまで使えばいいの?何本くらい必要?
赤い妊娠線・肉割れは消える?
出来てしまった赤いミミズ腫れのような妊娠線や肉割れ。消すことは出来る?
妊娠線・肉割れができやすい人・その原因
妊娠線が出来やすい肌質やタイプはある?逆に妊娠線の出来にくい人っているの?
妊娠線にはオイルとクリームどちらを選べばいい?
妊娠線予防にはオイルを使うタイプとクリームタイプに分かれています。どちらを使うかは使用感や香りなど好みもありますがそれぞれのメリット・デメリットを調べてみました。
妊娠線クリームはニベアでもOK?
プチプラで優秀なニベアクリーム。ただの保湿クリームだけじゃなくいろいろな使い方が出来ることでも有名ですよね。ニベアは妊娠線予防クリームとして使えるのか調べてみました。
妊娠線の出来る確率は何%?【できた?できない?】
妊娠線って本当に出来るの?その割合は何%くらい?先輩ママたちのアンケート調査を調べてみました。
妊娠線クリームと普通のクリーム・ボディクリームは何が違うの?
妊娠線予防の専用クリームと普通のボディクリームは何が違うの?普通のクリームでも代用できるのか調べてみました。
【プチプラ】お安い妊娠線予防クリームはどれ?
妊娠線クリームってけっこうたかいですよね><プチプラ価格でおすすめの妊娠線クリームを紹介します。
お腹にかゆみが!?これって妊娠線のせい?
突然お腹がカサカサになったりかゆみが発症するケースがあります。妊娠中のかゆみの原因と対策を紹介しますね。
妊娠線が出来る運命!?双子の妊娠線ケア
お腹に2人の命が宿る奇跡。とてもうれしいですがお腹は普通の妊ママよりも当然大きくなります。妊娠線ケアはどうしたらいいのでしょうか?
セルライトクリームは効果ある?エステに行かないとダメ?
セルライトは妊娠中だけじゃく多くの女性がなると言われています。最初は少しの凸凹が酷くなると波をうっているような凸凹に!?自分でセルライトは消せるのかエステに行かないとダメなのか調べてみました。